アルファルファは奇跡の野菜・・その秘密は?ハト

 アルファルファは神様からの贈り物として、今から約2000年も前から治療薬として愛されています。
健康を維持するためには、数十種類の野菜を食して栄養補給しなければならないのに、アルファルファはこれ一つだけで、その役割と効果を満たしてくれます。
別名「野菜の王様」、「すべての食べ物の父」、あるいは「偉大な治療者」とも言われ、その名にふさわしく人間を含めて全ての動物に”最高の健康”を、”永遠の若さ”をもたらす、まさに奇跡の野菜です。
アルファルファの花言葉は“幸運な人生の約束”。
そうです、あなたの人生は約束された幸せを手に掴む事が出来るのです。

アルファルファが、“野菜の王様”と言われる理由

その1.大豆以上の必須アミノ酸を含む


 動物の体を構成する栄養素は殆どがタンパク質です。タンパク質は分解されてアミノ酸として吸収されます。
現代では
大豆アミノ酸ンパク質は十分摂られてはいますが、食変化の影響で必須アミノ酸が不足しがちとなり、代謝、成長、精力などが衰え、老化現象が現れてきます。アルファルファのタンパク質は他のものよりアミノ酸組成が優れており、植物性タンパクに不足しがちなトリプトファンやリジンを多く含んでいます。”畑の肉”と言われる大豆より必須アミノ酸の含有量ははるかに高いのです。特に強精成分であるアルギニンも豊富で、元気はつらつ”ファイト一発!”といえる、王としてのふさわしい”力”を備えた現代の新しい強壮野菜です。

その2. うなぎ、レバーより多いビタミンA 
ウナギのビタミンA アルファルファの成分を見ると、ビタミンについては「A」が多いのに目に付きます。ビタミンAが多いことで有名なウナギの蒲焼と比べてみると100g中蒲焼は5000IU、アルファルファは10000IU。
現実には乾燥アルファルファを100gも食べられないのですが、少しずつ毎日食べることができます。しかし、うなぎの蒲焼は毎日食べられませんね。しかもビタミンAは動物性よりも植物性の方がはるかに優れているのです。一般的に人参、かぼちゃなどもビタミンAが多いのですが、アルファルファには、ほかの動植物は足元にも及びません。細菌に対する抵抗力、風邪や皮膚を守るビタミンAの“王たる風格”はここにも見られます。

その3.長年愛用された歴史を持つビタミンB群の神秘的な働き                 

 ビタミンB群は、体も働きを活発にするために必要な機能代謝に欠かせないビタミンで、美肌などにも貢献するもので中央アジア地方す。特にビタミンB1は”頭脳のビタミン”とも言われ脳細胞に活動に深い関係があります。B2は肝臓、ストレスの抵抗力、ホルモン等の働きを助けます。中でもビタミンB17はクロロフィルと共に抗ガン作用があります。
日本の死亡率第1位となったガンは、ガン年齢と言われる35歳以上の人たちにとって、やたらと恐怖感が湧いてきます。そのようなリスクを回避しようと多くの人は健康食品を模索しています。健康食品が多い中で、いつの間にか消え去ったり、「これだ!」と第6感をくすぐられるようなものがありますが、その成分の素晴らしさやその生理作用に信頼がおけるものはなかなか見当たりません。アルファルファは歴史的、効能的に見て長年愛用されてきた実績は不動のものです。その足跡はまさに王者にふさわしいものだと言えるでしょう。            

その4.どれでもお似合いの付け合わせの酵素 

付け合わせ 酵素と言えば代表的なものはみなさんもよく知っている、ステーキの付け合わせにクレソン、焼き魚にはおろし大根、酢豚にパイナップルなど、それぞれの持つ酵素が消化を良くするために付け合わされていますね。まるで仲の良い親子のようにいつも寄り添っています。体内での作用は食べ物をより価値あるものにするためになくてはならない”主役”となっています。アルファルファにはたくさん酵素がありますが、主にリパーゼ、アミラーゼ、コアグラーゼ、エムルシン、インぺルターゼ、パーオキシターゼ、ペクチターゼ、プロテアーゼなどがあり、ステーキ、ハム、天ぷら丼類、どれでもお似合いの付け合わせになる”資格”を持っています。特に夜遅く食事される方には、アルファルファを飲んで寝る事をおすすめします。また疲労回復を促進する酵素、オタクサノールを持つアルファルファはアスリートの人たちの間では人気ものです。食生活の質が高まり、健康維持、増進される「野菜の王様」たる資格はここでも発揮されています。

 

その5.現代人に不足しがちなミネラルが豊富

映画で、登場人物が眠れないとき、温めたミルクを飲むシーンを見た事があませんか? これはミルクのカルシウム成分が精神安定作用牛乳を期待している行為なのです。忙しい現代人は様々な要因でイライラが募り、カルシウムをはじめたくさんのミネラルが消費されます。ミネラルの消費量が増えるのに、無理なダイエット、野菜ばかりの偏った食事、自分好みの偏った食事ばかりすることで、ますますミネラル不足になってしまい、体が徐々に蝕まれてしまいます。これでは、ミネラル不足によるからだの不調は増えるばかりです。
美しさのためにと、ビタミンやコラーゲンなどには関心があっても、食事のバランスにはあまり関心が見られない傾向があります。”王様”は津々浦々まで人民の健康に気配りができます。食事の栄養不足を万遍なく補い、健康力を発揮するアルファルファも”野菜の王様”としてその名にふさわしい働きをするのです。

 

その6.若さや妊娠を可能にする女性に嬉しいビタミンE

若さ アルファルファは豊富なたんぱく質やビタミン、ミネラルが含まれていますが、アルファルファの効用を一段と高めているのは「ビタミンE」です。昔から「抗不妊ビタミン」と言われ動物等に利用されてきました。最近ではからだ全体を若返らせ、老化を防止し、美しくするビタミンと注目されています。アルファルファは、摂り過ぎの危険性がある抽出エキスなどと違って、自然の形でバランス良く摂れます。また若さを保つ他の成分もしっかり含まれており、アルファルファはまさにあなたの体を”安全保証する”野菜の王様な              のです。

 

その7.すばらしいハーモニーを奏でる

第6の栄養素として注目されているファイバー、つまり、せんいは大腸ガン予防、成人病予防、コレステロール低下作用等ハーモニーとしてその効果が見直されています。食生活は時代と共に変化し、太古と比べると、現代はせんい摂取量は極端に少ないのです。ファイバーには「精神力」という意味があるようです。
玄米と白米を比べてどちらに「力」があると思われますか?「玄米です」と答えられるでしょう。せんいの足らない食生活には精神力もなくなると言えるのかもしれませんね。またせんいは腸内で腸内細菌の餌になったり、有害物質を排除、掃除するなど健康美を保つには欠かせない存在になっています。こうした様々な健康力をアップするアルファルファはせんいが大きく作用にかかわっていますが、アルファルファの持つビタミン・ミネラル、たんぱく質も同時にすばらしいハーモニーを奏でているからこそ、その効果が期待できるのです。体に必要な個々の栄養素のハーモニーが奏でる人は本当に生き生きとして健康です。神様からの贈り物と言われるアルファルファは”野菜の王様”として美しくその名を永遠に残します。

 

その8.古代から治療薬のハーブ野菜として利用

ダイエット アルファルファは今からおよそ5000年も前からの自然と調和した暮らしの知恵として、インドのアーユル・ヴェーダの治療として用いられています。アーユル・ヴェーダの治療は、体内の毒素を体外へ排泄させる治療法です。『体内に蓄積されたアーマ(毒素)を排泄し、自分が持っている自然治癒力を高めて健康を取り戻す』という考え方。アルファルファは、穏やかな血液浄化薬のハーブティーとして親しまれています。健康や美しさの基本もまず、毒素を排出することから始まります。またアメリカではダイエットカロリーコントロールで使われたり、非常に人気の高いハーブです。漢方的な植物なので、すぐ効果が出るものではありませんが、気長に飲むことで確実に効果が表れます。食生活の変化による様々な病気の予防として、今や世界中の人々から            愛用されています。”癒しの力”を持つ野菜として、まさに、”王者”なのです。

 

その9.小さなお子様からお年寄りまで

薬効成分が多い植物は、とかく小さなお子様にはたくさん食べない方がいい場合があるものですが、このアルファルファは人の体を作っている最少栄養素、つまり、体の構成元素の成分の割合がよく似ているの安心です。例えば、人の体に必要なマグネシウムとカルシウムの割合は1:2ですが、実はアルファルファに含まれている栄養成分もおよそ100g中マゲネシウム900㎎:カルシウム1750㎎、1:2となっています。ですから、食事が摂れるようになった年齢から、バランスのとれた栄養豊富な野菜、無農薬栽培の野菜として小さな子供から大人まで安全に食べる事が出来ます。全ての人に愛されるアルファルファは、やはり“野菜の王様”と言わざるをえないのです。

 

その10.臨機応変に変化するケイ素が体をしっかりガード

 フランスの生化学者のルイ・ケルブラウン博士は、植物や動物、あるいは人体においてある種の酵素や微生物の媒体により、ナトリウムがカリシュウムに、シリカ(ケイ素)がカリシュウムに変化するといった元素転換が生じるという理論です。例えば、土筆(つくし)はスギナの胞子茎ですが、この「スギナ」にはカリシュウム分が非常に多く、骨治療の漢方薬にも使われています。しかし、スギナの生育している土壌にはカルシウムなどほとんど含まれていません。ではどうしてカルシウムが多くなるのでしょうか? 現代科学理論では説明が付かないのです。ゾウは植物性の草・木・実だけを食べています。肉食ではないのでカリシュウム分はほとんど摂取しないのに、なぜあのような大きな身体に成長し維持できるのでしょうか? 例に示した「スギナ」の現象は、シリカ(ケイ素)などがカリシュウムに生物学的元素転換していることが考えられます。この理論ならば説明が付きます。これ以外にも現代科学理論では説明が付かないさまざまな現象で生物学的元素転換理論ならば、説明ができる現象が多いのです。アルファルファにもケイ素がたくさん含まれており、このケイ素が食する人の足らない栄養素を元素転換してしっかり補ってくれるのではないでしょうか。実にすばらしい食べ物です。王たるゆえんがここにも存在します。

 

単品の栄養はからだの負担に? 最小栄養分率最小栄養分率

栄養吸収は最小養分率と言って、不足している養分の量によって左右されます。
欠けた桶に水をどんなに入れても、最小部分を限度として水は外へ流れ出てしまいます。
栄養もそれと同じで、他の栄養をどんなに摂っても、最小量に合わせた分以外の養分は栄養として利用されず、結局は体に負担となり、健康を害します。

アルファルファの特徴として、人間に必要なビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるます。

しかし、どんなにすばらしい植物であっても、栄養を分解吸収できなければ、高価な排尿となって体の外へ流れ出してしまいます。

吸収率を高めるために納豆菌シリーズと一緒に飲むと、相乗効果を発揮し分解、吸収がさらに効率的になります。

 

●アルファルファはミネラル豊富

  

●アルファルファで補給出来る栄養

アルファルファの栄養成分

・βカロチンが豊富で緑黄色野菜の栄養化を倍増。

・ビタミン類が豊富で特にビタミンA・B・Kの補給に最適。

・天然のビタミンC・ビタミンEの補給に。 カルシウム・マグネシウムがタップリ、しかも含有バランスが最適。

・カリウムが豊富で塩分の取り過ぎを緩和できる。

・鉄・銅のバランスが良く、鉄分のみの補給より栄養効果は有効。
(例えば、ばら色人生9粒で、ほうれん草のお浸し3皿分の鉄分を補う事ができます。)

・亜鉛・銅・マンガン等、微量元素を補給でき、健康維持に力を発揮。(マンガンは愛情のミネラル。愛情豊かな人は自然とマンガンも体内に豊富!)

・食物せんいが豊富で腸内有益細菌の増殖を促します。

乳酸菌と納豆菌、せんいの働きで理想的な腸内環境へと導き、食品添加物など、有害物質の吸収を防ぎます。

・天然の葉緑素(クロロフィール)を補給できます。葉緑素はきれいな血液を作るのに欠かせません。

@ケールや他の野菜と比べてもこんな違いがあります!

おすすめ商品