魅力的なボディーライン。体脂肪を燃やすビタミンをバランス良く摂取しよう。

更年期

更年期の対策
更年期障害の治療は女性ホルモンを補うことが一番の早道ですが、病院から出される薬によるホルモン補充療法より、自分で意識的にケアをしていく、つまり食事から、あるいはサプリメントなどを上手に利用して女性ホルモンを補うほうが自然で副作用の心配がありません。健康的に更年期を過ごすためにも、やがて来る更年期を更年期障害でつらいものにしないよう、規則正しい生活を心がけましょう。

原因・理由
『更年期』=『更年期障害』と思っている人、実はそうではありません。更年期とは、閉経を挟んだ前後10年ほどの期間を言います。女性ホルモンを分泌する卵巣の機能が衰え、ホルモンが欠乏している状態が安定するまでの時期を指します。

まず、自分が更年期であるかどうかを見極めましょう。更年期の兆候は、生理の乱れから始まります。それまで規則的にきていた生理周期が短い周期で訪れるようになります。

少なくなったエストロゲンを、もっと出すようにと脳下垂体から性腺刺激ホルモンがこれまで以上に分泌されるのが原因です。生理の出血自体は少なくなりますが、人によっては付きに2回も生理がきたりします。

こうした時期を経て、生理の周期はもっと乱れるようになり、生理がだらだらといつまでも続いたり、短期間であっという間に終わったり、周期も短くなったり長くなったりします。

そして徐々に生理の周期が長くなっていき、やがて閉経になります。更年期に入り、1年以上生理がなければ閉経と考えられています。

更年期を向かえ、生理に乱れが出始めた頃から、更年期障害も出始めます。数多くの症状が出るのが特徴で、代表的なのが、自律神経の乱れで起こる、のぼせと発汗です。気温に関係なく暑くなり、大量の汗をかくようになります。

動悸やめまいなどを同時に起こすこともあり、脈が乱れることもあります。体が暑い反面、手足の冷えや耳鳴りなどを覚える人もいます。精神症状の、いらいら、くよくよ、欝なども更年期に現れやすい症状です。その他にも、頭痛、肩こり、腰痛、頻尿、疲労、膣や尿道のヒリヒリ感、性交痛なども多くみられます。

更年期を迎えると、更年期障害だけではなく、年齢的にもかかりやすい、症状がでやすい病気があります。高血圧心臓病糖尿病、骨粗しょうしょう、甲状腺機能亢進症婦人科系の病気膀胱炎などです。また、鉄分不足も更年期障害を増長させる一因です。更年期障害のほとんどが、貧血からくるともいわれています。

具体的対応策の提示
栄養バランスを考えた食事をし、適度な運動をしていると予防になりますが、更年期障害の原因は女性ホルモン、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れですのでエストロゲンを上手に補い、女性ホルモンを活性化させ、バランスを整えれば更年期障害の不快な症状も解消できます。

また更年期に入っても楽しみを見つけストレスを貯めないことも大切です。エストロゲンをどのような形で補っていくかが問題ですので、できれば病院のホルモン補充療法より、食事からあるいはサプリメントで補いましょう。

口から体内に入れる物ですから、軽率に取り入れる事は禁物です。本当にそれが必要な物なのか、良質な物なのか、見極める事が大事です。アルファルファはビタミン・ミネラルが豊富に含まれているだけでなく、女性ホルモンの一つエストロゲン様作用をもつ成分イソフラボンがたっぷり入っているので、このようなサプリなどを上手に利用するのも賢い方法です。

ばら色人生の成分“アルファルファ”に含まれるイソフラボンは自然に存在する成分ですので副作用の心配は全くありません。

おすすめ商品