納豆菌、乳酸菌はどれも同じではありません。約100年の歴史を持つ納豆菌。安心安全に使用され、愛され続けた歴史ある納豆菌

納豆菌はどれも同じではありません!

納豆菌乳酸菌はどれも同じではありません。納豆菌、乳酸菌の違い

種類は200種類を超え、味を追求したうまみを出す品種もあれば、薬として使われている品種もあります。

 

どの品種を選ぶかは、重要な問題です。
納豆菌は純粋培養が難しく、安定した一定の品質を保つのはとても難しいため、
納豆菌そのものを医学的に実験、研究したものは実に限られています。

 

弊社の納豆菌は、70年以上も純粋培養を続けている歴史のある臨床データーを豊富に持つ安定した納豆菌です。 最近では韓国や中国で作られた納豆菌やナットウキナーゼも多く、安定性や活性度合いが認められないものが国内でも数多く出回っております。

 

弊社の納豆菌は試験成績も確かなもので、納豆菌が眠っている活性度が高い安定した菌です。

抗菌力の強い納豆菌!

強力な抗菌力を持つ納豆菌 善玉菌は増やし悪玉菌はやっつける

 

病原性大腸菌O-157は、腸チフスなど経口伝染病に匹敵するほど、非常に強い感染力を持っています。この菌が出す毒素が腎臓機能を阻害して、溶血性尿毒症を起こし、死に至らしめます。

 

納豆菌は細菌に対する強い抵抗力があり、戦前、海軍を中心に赤痢や腸チフスなどの伝染病の薬として使われ、当時、外国で作られている抗生物質に先立つものとして注目されていたようです。

 

また最近の実験結果でも、わずか数日で病原性大腸菌O-157が死滅したという結果が出ています。

 

このように、納豆菌BN株には腸内での病原菌の発育を抑制する働きがあり、ブドウ球菌や、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用を発揮します。

 

 

生きた納豆菌を食べると腸内環境も改善!免疫アップ!

腸内には100兆、100種類という数の微生物が棲んでいます。

抵抗力や免疫力に深い係わりを持つと考えられるのが腸内細菌です。いいウンチの元になる善玉菌

腸内微生物の悪玉菌と善玉菌のバランスで、免疫力や抵抗力は決まります。

 

悪玉菌が増えれば、便秘、下痢などを引き起こし、様々な病気の引き金になります。

ばら色人生の納豆菌BN株が善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)を活発に増やし、腸内細菌のバランスを整えてくれます。

 

また納豆菌には活性酵素がたくさんあり、これが消化活動を活発にし、食物せんいと一緒になってお腹の中を清掃してくれます。                 

 

 

海外の納豆菌との違い!

ナットウキナーゼ協会認定

最近では、韓国や中国で作られた納豆菌やナットウキナーゼも多く、安定性や活性度合いが認められないものが国内でも数多く出回っております。

 

弊社の納豆菌は、日本国内で、医薬品として作られたGNP基準の納豆菌と同じ品質のものを食品として使用しており、試験成績、安定性、活性度がともに確かな生きた納豆菌です。

 

ナットウキナーゼ、納豆菌の安定性や活性度は、日本ナットウキナーゼ協会でも認証されています。

乳酸菌とアルファルファとの絶妙なバランスで相乗効果 効き目が違います

納豆菌、乳酸菌の二つの菌をあわせる事と、豊富な種類のミネラルを一緒にとる事で相乗効果を発揮し、より効率的に腸内環境を整え、消化、吸収、排泄力を高め、健康増進に役立ちます。

内容成分、価格すべてに自信があります。

一度飲んでいただければ 『本 物 』 だ ということがおわかりいただけます。

【商品名】ばら色人生  【内容量】 : 90カプセル(約15日分)